航空留学:よくあるQ&A


     Q 費用250万円は他の訓練学校と比べて高くありませんか?

         A 当社では、訓練費用の他にフライトシミュレータ訓練費・食費・宿泊費を含めての
          総計金額
になります。
          自費での食費・宿泊費は、相当な金額負担になってしまいます。
          そうならない為にもこの様な金額設定にさせて頂きました。



     Q 夕食費はなぜ含まれていないのでしょうか?

        A 夕食だけでも好きな料理を食べて頂きたいとの当社の考慮です。
          1日の疲れを癒すにはその方がいいのではないかとの結論に達しました。
          その代わり日本料理店希望の場合は会社の車をご利用下さい。



     Q フィリピンは本当に安全な国なのでしょうか?
  

        A フィリピンは、アメリカやヨーロッパ諸国に比べて決して豊かな国とはいえません。
          日本以上に貧富の格差が激しいです。ショックを受けるかも知れせんが、現実を
          見る事も出来て勉強になります。
          訓練地のセブ島はフィリピンのみならず、世界でも大変治安がよく、日本人観
          光客も多く訪れます。日本企業も多く進出しております。現地人の間では大変
          住みやすい場所だと言っており、特に悪い評判は立っておりません。



     Q フィリピン航空留学と他国の航空留学との違いはどこですか?

        A ①日本から大変近い国です。10時間以上も飛行機に乗っているのは苦痛では
           ないでしょうか。時差ボケも辛いのではないでしょうか。
          ②物価がすごく安いです。旅行者によると日本の約3分の1で済むとの事です。
            お土産代等の負担が軽いです。(但し物価変動あり)
          ③日本人が多く住んでいます日本人旅行者も多く欧米諸国より精神的にも気が楽です。
          ④天候が安定している。常夏の島なので雪が降る心配はありません。雨期にスコールが
            あっても訓練に影響はありません。よって23日間ちゃんと訓練できます。
          ⑤渡航回数が2回 アメリカ・豪州留学のように何回も渡航しなくてすみます。集中的に訓練する事
            で効率的に飛行機免許取得を目指します。渡航回数が多いと費用負担がかかるばかりでなく
            継続的に技量維持もできず、結局免許取得に時間がかかってしまいます。




     Q 飛行訓練時間45時間はあまりにも少なくないでしょうか?

       A 当初ではセブ島での実機訓練前に、元エアライン教官がフライトシミュレータで教習
         致します。操縦訓練・座学をしっかり行います。フライトシミュレータで操縦技術と飛
         行機の仕組みを理解してから実機訓練致します。フライトシミュレータでの訓練時間は
         10時間になります。よって45時間でも十分に操縦出来るようになります。



     Q 23日間で本当に操縦免許が取得できるのでしょうか?

       A 通常操縦免許を取得するのに長い期間かかってしまいます。実機訓練する度にいちいち
         海外に行くのは効率が良くないので、多くても23日間を2・3回に分けて渡航すればお客
         様の負担がいっそう軽くなると思いました。23日間が可能なのは、エアライン教官教習によ
         るフライトシミュレータ訓練があり、そしてセブ島の日本人インストラクターと訓練環境が大変
         恵まれているからです。



     Q フライトシミュレータは本当に役に立つのでしょうか?
       A 当社に設置したフライトシミュレータは、実機同様に開発され性能の高さには自信が
         あります。国土交通省より認定を受け、認定機種としても使われていました。
         エアライン教官がパイロット養成の操縦適性試験や、計器飛行訓練にも最大に活用されて
         います。飛行機を飛ばしたい操縦免許取得者の方にも役立てるフライトシミュレータです。




     Q 操縦は好きだけど、英語が嫌いです。どうしたらよいのでいいのでしょうか?
       A ご安心下さい。英語嫌いの為に操縦免許取得を断念するのはもったいないです。
         特に中高年の方にしっかり対策も立てております。
         日本人インストラクターがしっかりご指導致します。必要な部分は英語で覚えて頂きます。
         英語で挫折する心配はありません。



     Q 航空無線の免許はどうしたらいいのでしょうか?
       A 毎週水曜日に試験が実施されます。予約の上受験します。問題集もあり、過去問題を一通り
         やれば大丈夫です。



     Q 現地での病気や怪我の対応は大丈夫ですか?
       A スタッフがきっちり対応致します。保険に関しては、海外旅行損害保険にご加入いただいて万
         全の備えです。



     Q 日本のライセンスに問題なく切り換えれますでしょうか?
       A (株)エフエス・シーマが詳しくご説明致します。心配は無用です。